琉歌集|十七八節

十七八節

恋歌や年齢の17,8歳、仏教などの諸説ある歌。歌詞を読むと恋愛系だと思うのです。

よすずめのなればあひちをられらぬ玉黄金使のにやきゆらとめば

よすすめ:夜のしじま
あひちをられらぬ:息をしていられない
にやきゆらとめば:もうやがて来ると思えば
玉黄金使:恋人からの使者、極楽浄土からの迎え(諸説あり)

古歌「思童使のにやきゆらとめば」→「玉黄金使」に言替えられた経緯があり諸説の原因になったらしい。
「思童」は、田舎の子ども



和歌山|三線教室

和歌山三線教室
オンライン稽古実施中。
ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

【応援宜しくお願い致します】
にほんブログ村 音楽ブログ 三線・沖縄民謡へにほんブログ村
人気ブログランキング