琉歌集|御縁節・つなぎ節

御縁節|ごえんぶし


御縁あて弟ぎやいきやて嬉しさやうちはれて遊べわぬも遊ば


別れ別れになっていた弟達が、姉妹の縁があって今日、みんなと会ったのは大変嬉しい。

皆遠慮無く遊んで欲しい。私も羽目を外して遊ぼう。

御縁:ごえん
弟ぎや:おとぎや

仲良く暮らしていた兄弟も、成長と共に皆離れて容易に会うことが難しくなりやすい。

次第に疎遠になり、会うことも稀になる。遠い親戚より近くの他人とも言われますが、いざというときは兄弟が最後の頼みになるものです。


つなぎ節


あたり苧やうみやりはたえん布織やり玉黄金里が御衣よすらね

苧:からむし
あたり苧:屋敷内の畑に植えてある芭蕉からとった糸。
うみやり:芭蕉の糸を裂いたり繋いだりすること。
はたえん布:布地の一番密な上等な布。

屋敷の中の畑に植えた芭蕉からとった糸を細く繋いで二十読(はたよみ)の上等の布を織って、我が背の君の着物を作ってあげたい。

大切な夫の為に上等な布を織って着物を作り、作る過程の苦労を知って着る夫も、妻を有り難く思いお互いの愛情や絆も一層深くなるものです。
浪曲「壷坂霊験記」にもある台詞「妻は夫を労りつ 夫は妻に慕いつつ 」の様です。
盲目の夫を支えていた妻。妻の献身的な姿に感謝していた夫。夫婦の幸せは互いの為にあるものですね。


応援よろしくお願い致します

にほんブログ村 音楽ブログ 三線・沖縄民謡へにほんブログ村
人気ブログランキング

二足の草鞋|「あなたの人生チンダミします」三線指導の傍ら、占い(占い教室)もしています。ご相談はお気軽にどうぞ
「あなたの人生チンダミします」